「ほっ」と。キャンペーン

sato*diary


かわいい雑貨、美味しいものと、愛する子どもたちに囲まれた毎日を綴ります
by frau-st
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

kayoさんとkayoちゃん

今日はパソコンにたまった写真の整理と片付けと帰省の準備と・・・
ってな感じで全く外に出るつもりもないので、お化粧もせずに過ごしてました。

ピンポーン!

こんなときに限って!宅急便のおじさんとかだろうから、ま、いっか。

sato「はーい」

ドアを開けるとお隣のkayoさんだった。

kayoさん「・・・こんにちは~・・・って、誰?」

せめて眉毛くらいは書いておかないとね><:

a0153139_1734720.jpg


バナナマフィンを作ったともってきてくれました^^

早速温かいお茶をいれて、いただきま~す!

チョコチップも入っておいしー☆









こんなときに限ってなんだから、ちゃんと眉毛を書かねばね・・・と思いつつ、パソコンをカタカタ・・・

ピンポーン!!

「また!?」

sato「はーい・・・いや~ん!」

ドアを開けると、今度はkayoちゃんだった。

kayoちゃん「こんにちは~っ・・・!!・・・おほほほほほほほっ」

a0153139_17103696.jpg

昨日うちのパパが誕生日だったということで、プレゼントをもってきてくれた☆

そして立ち話していると、

「ねえママ、プレゼントこれだったよ」

包みをあけて娘がもってきた^^:

ハラハブ屋のブレス☆

ごめんねパパ、先に見ちゃったよ^^:

「眉毛は書いとかんとね」とkayoちゃん。だよね、だよね、と思いつつまたパソコンカタカタやっとります。。

ピンポーン!!!って、キャー!!


そんなこんなで今年最後のブログでした。

しばし帰省してまいります。それまでブログのアップはお休みします。

明けて4日に戻ってまいります。

それではみなさん、良いお年を^^
[PR]
by frau-st | 2009-12-28 17:21 | present

すくすくと

すくすくと大きくなってきてますよ、例の芽たち。
a0153139_1441328.jpg


だんだんと緑が増えてきているでしょう。
a0153139_1451080.jpg
これはいちばん左の「ヒッキー」
いちばん小さな芽たちです。がんばってる感じです。













a0153139_148967.jpg
これは中央の「チュートン」
ハートの形の葉っぱがたくさん出ています。














a0153139_1493272.jpg
そしてこちらが、いちばん右の「ミッチー」
なんだかこれはつるっぽいのがでてきてる気がします。
ミッチー支柱いるかも。。。













ヒッキーとチュートンとミッチー、この子たちの正体を思いついた人はコメントに^^
当たるかな~
[PR]
by frau-st | 2009-12-28 14:16 | plants

わっぱの弁当箱

みなさん、お弁当箱どんなの使っていますか??

うちは毎日パパにお弁当がいるわけではないので、もっていなかったんです。

だからたまにお弁当がいるときは、申し訳ないけど、大きめのタッパーに詰めさせてもらっていました。

毎度「ごめんね~」と思いながら。。

a0153139_1414999.jpg

で、ずっとネットで見ててわっぱの弁当箱っていいな、ほしいなって思っていました。

いつか買おうとずっと思っていたら、偶然にも名瀬のアーケードのお店でかわいいのを見つけました!

即買いです!しかも小さめのもあったので私の分も!!(いつ使うんだか・・・)

あ、お箸も買わなきゃね、合わないよね。プラスチックじゃね・・・ましてや割り箸じゃね・・・

あ、お弁当包みも作ろう!お揃いにしよっかな~

なんだか楽しくなってきた^^
[PR]
by frau-st | 2009-12-28 01:51 | shopping

豚バラ肉のチャーシュー

a0153139_1193450.jpg

何がチャーシューって言うのかよくわからないのだけど、パパがチャーシューと呼んでいるので私もそう言って作っています。。

*豚バラ肉のチャーシュー*

基本的にはこの間の豚軟骨煮と同じ作り方です。
フライパンで両面焦げ目がつくまで焼いてから圧力なべにかけます。
油の出た水は捨てます。
味付けは砂糖、醤油、みりん、酒、などなど適当に。パパが作るときは、ビールやコーラも入れていましたよ。
せっかくなのでネギなども入れてみたり。。

という感じで適当に作るのですが、これが結構重宝するのです。
今回も1kg以上のバラ肉で作りましたよ。

適当に(また!?)小分けして冷凍しておくんです。
チンするだけでパパの晩酌のあての一皿にしたり、ラーメンに入れたり、チャーハンに入れたり。。。ってまあ、普通のチャーシューの使い方なわけですが・・・つまり、チャーシューって使えるよって話です。。。
[PR]
by frau-st | 2009-12-28 01:37 | cookinng

おほし

今夜は本当にぶつぶつと独り言を言ってみようと思う。かなりぶつぶつと長いので、途中で読むのが嫌になるかもですよ。携帯で御覧の方はやめたがいいと思います。今回のは本当に長いので、、他のを御覧になってくださいね^^:


うちの子どもたちは、なぜか月のことを「おつき」といい、星のことを「おほし」という。

先日買った「おほし」のオーナメントを友達にプレゼントした。
それは、子どもにおさがりをいただいたことへのお礼や、いつもお世話になっていることや、これからもよろしくといったことなどいろんな気持ちからだったけど、とにかく彼女に素敵なものを贈りたいと思ったのだった。

彼女はそれをとても喜んでくれた。
そのおほしを「夏の海をバックにして色を楽しみたい」と言った。そんなことを言う彼女が素敵で、そんな彼女を眺めたいと思った。
そして私のことを「美術家のすることは芸術的で素敵だ」というようなことまで言ってくれた。それは、「Sea Shore Stained Glass」のオーナメントが素敵だったことによって、私がプレゼントしたという行為までもが何割増しかよく感じられたのだと思う。

でも、その褒め言葉に後ろめたく感じるのは「美術家」ってところだろう。

私は「美術科」出身だけど、自分のことを「美術家」だとは全く思っていない。現に、ここ数年制作らしい制作は皆無に等しい。

「どうして制作しなくなったのか」それにはいくつか理由がある。

その1.子どもができたから

久しぶりに会った男の先輩に「制作しろよ」と言われた。いや、できないんですよ、忙しすぎて。「それは言い訳。やるやつはどんなに忙しくてもやる。」その通り、美術家ならね。

結婚したら男は楽になるけど女は大変になる。それに子どもまでいたらなおさら、うちなんか3人も!女は常に家族全員分の健康や生活を考えていなくてはならないと思う、私はね。
この忙しいという物理的なことと常に神経をはって生活しなくてはならないというしばられたような気持ち、男にはわかるまい、失礼、なかなか理解しがたいことだと思う。
明日の家族全員分の朝ごはんの心配をして「よし、大丈夫」なんて思ってから眠る男の人なんていますか?逆をいえば、何にも心配しなくても明日の朝ごはんは当たり前のようにちゃんと準備されるということ。大事な子どもの分までね。ああ、うらやましい。
私にとって、少なくとも今の私にとってここ数年の時間というのは、家族に特に子どもに捧げてもよいものだと思う。
私が制作をすると、家族に負担がかかる。必ずね。そうまでして制作をする意味が見えてこない。

その2.そもそもしなくてよくなったのかも

私が作品をつくるということって、何だったのかなと考える。
私の場合、それは自分を守るための鎧のようなものだったのかもと思う。
作品をつくって展覧会に出品する。みんなの前に自分をさらけ出し、まるで戦っているかのよう。自分の位置を求めている自分がいたと思う。それと同時に私の場合、かなり私的なものであり、自慰的だったのかもしれない。
でも今の私、忙しくなってそもそも制作もできないし、時代に敏感になってみんなと切磋琢磨することなんてとてもできない。そう思うと、なんだか一抜けした気持ちになって、ちょっとほっとしたりして。
それに、自分の居場所をつくろうと頑張らなくても、私にはもう「家族」という居場所があり、必要とされてもいる。

あげればきりがないような気がしてきた・・・

じゃあ私に制作って必要ないのか?それは違う。だって制作したいもの。
制作をして自分を高めている時の自分が好き。自分の弱さもよくわかる。そして成長した自分を感じるとき、視野が広がった時、私の世界が広がったようで、満たされた気持ちになる。だから制作をするのは好きだし、したいと思う。

そんな「したいけどできない」ってもやもやを聞いてくれたのは他でもない、「おほし」をつくったSea Shore Stained Glassのご主人だった。
上記のような理屈っぽい話など、女の人にはなかなか話せない。聞かせるのも一方的で。ご主人には話の流れで聞いてもらうような感じになったけど、ずいぶんとよく聞いてくださって、なんだか救われた気持ちになった。やっと理解して聞いてくれる人に話せたと。
そして、「あなたにおすすめの本がありますよ。」と一冊の本をかしてくれた。
新潮文庫 アン・モロウ・リンドバーグ著 「海からの贈物」という本。
あとから奥さんに聞いたところ、奥さんが表紙が気に入って買った本だったのらしいけど、その内容がまさに私のもやもやを明解にし、導いてくれるような内容だった。

今のこの時間、私は「失っている」のだろうか「得ている」のだろうか。歳をとって振り返った時、「あの時間は得ていたんだ」と思えるような、生き方をしたい。

「制作しなくてはいけない」というような気持から解放され、今はゆっくり気が向いたらという感じで制作できそうな気がする。そして、そんな心の余裕をもって自分に制作の機会を与えることも大切だとも思う。

部屋につるした私の「おほし」をながめる。
あの星が導いてくれるって、そんな気がする。
[PR]
by frau-st | 2009-12-27 01:52 | tsubuyaki・・・

サンタさんへ

a0153139_1123538.jpg

そうそう、うちにきたサンタさん、
うちの前におなじ住宅のおうちにプレゼントを持って行っていたようです。

プレゼントをくれたお礼にと、そこのお子さんがサンタさんへ手紙を書いてくれていたそうです。
家に帰ったら飲んでくださいと、ビールのお気遣いまで^^

一仕事終えたあとのビールに、サンタさん「ぷふぁ~」
おつかれさまで~す^^
[PR]
by frau-st | 2009-12-26 11:31 | family

メリークリスマス☆

a0153139_23192040.jpg


メリークリスマス☆

我が家では毎年と同じように、イブにホームパーティーをしました。









a0153139_2321234.jpg





昼間に子どもたちと私でケーキを作り、

帰ってきたパパと一緒にテーブルをかこみました。

なんだか温かい雰囲気です






a0153139_23231845.jpg




子どもたちは好きなものを自分でお皿にとれるので喜んでいました。

雰囲気で、野菜もぱくぱく食べられちゃいます^^







a0153139_2325710.jpg


しばらくして、パパが「ちょっとお仕事にいってくる。すぐ帰ってくるからね」と言い残し、出かけて行きました。

なんだか子どもたちは不安そう。。

「パパがいないうちにサンタさんが来たらどうしよう。。。ちょっと怖いかも。。。」というのがひしひしと伝わってきます。

a0153139_23275878.jpg
ピンポ~ン!!

サンタ 「メリークリスマース!!」

子どもたち 「ギャーーー!!!こわーーい!!」

今年も泣いてしまいました。

サンタ 「いい子にしてたかな?ちょっとプリキュアのダンスを踊ってごらん。いちにのさんはい!!」

サンタさんの手拍子にのせられて、一生懸命プリキュアの歌を歌って踊る子どもたち・・・う~ん、遊ばれております・・・

でもその甲斐あって、プレゼントをもらって大喜びの子どもたちでした。

肝心な時にいつもパパいないんだからね、なんでだろうね^^

今年も家族で楽しいクリスマスが過ごせました。幸せな聖夜です。
[PR]
by frau-st | 2009-12-25 23:53 | family

ブッシュドノエル

先日作ったロールケーキが好評だったので
クリスマスはこれをブッシュドノエルにすることにしました^^
a0153139_16592331.jpg






スポンジがうまく焼けました









a0153139_1703870.jpg







中にはイチゴが入ってます。
こんな感じよね、
切って、のせて、クリーム塗って・・・







a0153139_1714916.jpg







う~ん・・・大丈夫かい・・・
こんなイメージなのだけど・・・







a0153139_1724778.jpg







子どもたちにも手伝ってもらって








a0153139_1731997.jpg








完成~!!
いいんじゃないの!?

ホームパーティーが楽しみだね!!
[PR]
by frau-st | 2009-12-24 17:07 | bread

ワンピース

作りかけていた服を仕上げました。

a0153139_10313970.jpg

こちら私のワンピース
夏用の生地なのでさらりとしています














a0153139_1033527.jpg


こちらは3歳の娘のためのワンピース
ちょっと大きめに作ったので春くらいにはちょうどよいかな
[PR]
by frau-st | 2009-12-23 21:30 | handmade

X'mas限定オーナメント

奄美龍郷町にステンドグラスの作家さんがいらっしゃいます。
もともと建具のステンドグラスがご専門だそうですが、ランプやフラワーベースなどのかわいい小物や表札なども作っていらっしゃいます。
同じ住宅の友達に紹介してもらってから、私も何回かお訪ねしてますが、とっても素敵なご夫婦&お宅&工房で、そこへ行くだけでもとても満たされる気持ちになります。

そんな「Sea Shore Stained Glass」、X'mas限定オーナメントを、名瀬の「Jacaranda Cafe」にて販売すると聞き、11月の終わり頃に早速買いに行きました。
a0153139_8265029.jpg
東京より、うちの子どもたちにX'masプレゼントを贈ってくれる友人に送りたいと思い、買いにいきました。案の定、自分にも買ってしまいました^^
光に透かして眺めているととても癒されます。

ガラスって本当にきれいだなぁ・・・
美術科卒の私は作品から作家の人柄や制作する姿勢などをうかがったりするところがあります。立体的なフォルムや線の正確さが何度見ても飽きさせないガラスの魅力を引き立てています。素晴らしいお仕事をされています。
手にすると宝石でも手に入れたように嬉しくなり、一生物にしようと思います。

今日、またJacaranda Cafeに行ってきました。もう売り切れているかもと思いましたが、まだ少しありました。私が買ったのと同じ透明のガラスで作られたものも!
そしてまた同じデザインのものを買ってしまいました^^
これはともだちにあげたいと思います。
きっと喜んでくれるはず☆☆☆
[PR]
by frau-st | 2009-12-23 20:13 | shopping

最新の記事

miちゃんのオムライス
at 2012-11-02 23:16
久々ミニパン♪
at 2012-09-09 19:05
夏のロクシタン
at 2012-09-08 18:55
hayaの独り言
at 2012-08-09 06:07
Misetta
at 2012-08-08 06:15
研修
at 2012-08-06 06:42
at 2012-07-08 06:27

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧